着圧ソックス※昼間用と夜用の違いは?

多くの女性たちが使っていると言われている着圧ソックスは、そのニーズも様々です。

着圧ソックスの昼用、夜用など種類について説明する女性

  • 仕事が原因でひどいむくみに悩まされている人
  • 冷え性の人
  • 脚やせを目指している人

などがいるでしょう。

 

自分のライフステイルや、体質に合ったものを選ぶのは必然ですよね。着圧ソックスの各メーカーは、そんな女性たちの声に応えようと様々なアイテムを開発しています。

 

着圧ソックスには、
・日中つけるための昼間用 ・就寝中につける夜用
があるんです。

着圧ソックス昼間用の特徴とは?

昼間用は、履き心地がよく一日中脚を快適にしてくれるタイプのほか、履くのはタイヘンですが短時間でむくみを取ってくれる圧力が強めのものがあります。

 

【種類】
色は黒。膝までの長さのタイプと、ストッキングタイプに分かれます。膝丈のものは、脱ぎ履きが簡単でハイソックスタイプ。足首&ふくらはぎに効果的。エアコン対策にササッと着脱できるので便利です。冷え解消はもちろん、むくみ予防もできます。

膝丈着圧ソックス

パンツはもちろん、スカート着用時でも「着圧ソックス」とバレません。お出かけ前や、仕事の休憩時間にさっと履いて足を引き締めるのものいいでしょう。

***********************

ストッキングタイプは足首の下が開放されていて、膝周りに適度な緊張感があり(膝がスッと伸びる感じ)ムレる事もないので、一日中履いていられます。

ニーハイ着圧ソックス

軽めの着圧なので、気軽に身につけられます。パンツルックなら「着圧ソックスを履いている」と周囲の人にはわかりません。美脚ソックスと気づかれたくない人におすすめです!

 

安いものは1度の洗濯で伸びたり、ストッキングタイプのものは伝線したりと値段相応なので注意が必要。高いものは耐久性に優れていて、つけ心地が快適です。

 

【こんな人におすすめ】
寝ている間に夜用着圧ソックスを履いても、「やっぱり気になって眠れない。」「寝苦しく感じる。」「仕事中のほうがむくみがつらい。」という人向き。特に足首〜ふくらはぎを何とかしたいという人はハイソックスタイプ、膝上のお肉も気になるという人はニーハイ(膝上)タイプがおすすめ!
>>バレないハイソックスタイプ

 

>>ニーハイタイプで膝上までスッキリ

 

着圧ソックス夜用の特徴とは?

夜用の着圧ソックスは、一日中仕事や家事に追われて、リラックスするような時間がなかなか持てない人にうれしいアイテムです。寝ている間に、履くだけで着圧による脚のケアができるのです。足がだるくて眠れないという人には最適。日中の足の疲れをその夜のうちに解消できますね。

 

【種類】
ソックスタイプのほか太ももまでカバーできるロングのストッキングタイプが人気。体内の老廃物をしっかり流しながらも快適な睡眠を得るためには長めのストッキングタイプが最適です。就寝の妨げにならないように、圧力は弱めに作られています。太ももまでぴったり覆うデザインのものは、中とく・血海といった足のツボを刺激するので、滞りがちなリンパの流れを促します。足の指先の方があいているスパッツタイプは、足の指を自由に動かせてムレることももありません。足首まで加圧しますが足首から下が開放されているので足指ケアにもなります。お尻もカバーするタイプならヒップアップ効果も期待できます。安いものは毛玉がつきやすく、洗濯で傷むのが早いので気をつけて下さい。

 

【こんな人におすすめ】
「夜もしっかりとむくみをケアしたい。」「仕事がら、昼間は着圧ソックスを履く事ができないので、夜の間にしっかりとむくみを解消したい。」という女性の味方ですね。
>>就寝中はリンパマッサージでセルライトを撃退

着圧ソックスを24時間1日中つけていてもいいの?

時間帯やタイプなど選べぶのが難しいほどたくさんありますが、着圧ソックスを24時間1日中つけていてもいいのでしょうか?

 

圧力をかけることによって足の血行を良くする事を目的とした着圧ソックスですが、同じ圧力を長時間かけているのは逆効果なのです。また長い時間はくことで、肌にかゆみが出たり、湿疹などのスキントラブルになりかねません。また、つま先をカバーするタイプの着圧ソックスを履きっぱなしにすることによって、巻きづめが悪化してしまうケースもあります。

 

足の筋肉が血液を送り出すことを促すのが着圧ソックスの役割です。1日中脚を圧迫し続けると筋肉自体が衰えてしまいます。その結果、むくみをさらに悪化させる事になりかねません。着圧ソックスを使用するのなら、時間帯を選ぶべきでしょう。例えば、昼用を履き続けた日は、夜は履かずに脚の筋肉をリラックスさせる事が大切なんですね。

 

着圧ソックスを履いていて、すぐに中止しなければならない場合もあります。それは、

  • 皮膚がかぶれてきた
  • できものができた
  • 冷え性が悪化
  • むくみがひどくなった

場合です。

 

原因は圧迫が強すぎる、または生地の材質(素材)が肌に合わないという事が考えられます。

一体どんな着圧ソックスを選べばいいの?昼用お勧めはコレ!

着圧ソックスの昼用に、どんな着圧ソックスを選べばいいの?ということが肝心な疑問です!

 

ここでお勧めしたいのは、ふくらはぎの太さ−6cmが実現するデニールの520の「ビキャクイーンBKYAQUEEN」!値段は高いけれど、高品質。常に口コミでもいい評価を得ていますね。段階的な着圧によるマッサージ効果が「履いているだけ」で実感できるから!

 

黒いひざ下のソックスなので、スカートにはもちろん、パンツにも合わせやすいタイプです。見た目には普通の「黒いハイソックス」

 

ビキャクイーンBKYAQUEENのキャッチフレーズは
「足首・ふくらはぎスッキリ!メイク時間からできる美脚づくり」
早い人は1週間ほどで、ふくらはぎや足首のサイズダウンが実感できますよ。
ちなみに、見た目は「はいた瞬間」から、ほっそりします!

 

特許素材でもある「遠赤光電子繊維」を使用している着圧ソックスです。この「遠赤光電子繊維」というのは、高い保湿力を維持します。春や夏の気温の高い時期はムレを抑え、秋や冬の寒い時期には保温効果を発揮し、冷えを解消するのです。

 

さらに脚のライン、筋肉の構造を研究し、10年かけて開発されたビキャクイーンBKYAQUEENは、むくみを解消するのに最適な圧迫をかけています。足首からふくらはぎにかけて、30 hpa、25 hpa、20 hpaと3段階の圧力で脚をケア!そして520デニールの締め付けによって、短時間履くだけでもむくみの解消が期待できるんですね。

 

だからと言って不快な締め付け感や厚みはなく、心地よい履き心地なんですね。これが人気の秘密!

 

自分にあった着圧ソックスに出会えていない方はモチロンのこと、目に見える効果、体感できる効果を期待するあなたにこそビキャクイーンBKYAQUEEN!むくみ解消することで、必然的に美脚になれますよ。

 

>>ビキャクイーンをつけた脚と、つけていない脚の比較を見てみる>>

 

 

>>膝上タイプお勧めはこちら>>